脱毛したのに毛が濃くなる!?硬毛化現象について

硬毛化の画像

脱毛をしているのにも関わらず、毛が以前よりも濃くなってしまう「硬毛化」という現象があります。

硬毛化はすべての人に起こるわけではないものですが、脱毛する限り可能性はゼロではないため、知識としてもっていたほうがいいでしょう。

今回は硬毛化が起きやすい部位やその原因、また対処方はあるのかについて語っていきます。

硬毛化しやすい部位はここだ!

濃い毛に悩んで脱毛を始めたのに、さらに毛が濃くなるなんてありえない話ですよね。硬毛化はすべての部位に起こるわけではなく、薄い毛が生えている所に留まります。

例えば肩周り、背中、お腹、顔などです。

要するに産毛と言われる部分で硬毛化が起こっている事が分かります。

硬毛化の原因は光やレーザーにあった!?

硬毛化のメカニズムとして、明確な理由はまだ明らかにされていませんが、現段階で考えうる原因は脱毛照射の刺激によるものです。

サロンやクリニックで行なう光脱毛やレーザー脱毛は、基本的に毛のメラニン色素に反応させ、生み出した熱によって毛根にダメージを与えたり破壊したりして脱毛効果を得られます。
しかし肩周りや背中などに生える産毛はメラニンの量が少なく、照射をしても脱毛に十分な熱が発生しずらいのです。
産毛に照射することで微力な熱が発生し、その弱い熱がかえって毛根を刺激し、以前よりも濃い毛が生えてきてしまうというのが理由として考えられています。

硬毛化してしまった場合はどうするの?

全員が硬毛化しないとはいえ、もしそうなってしまった場合は困ってしまいます。
万が一硬毛化してしまった場合は以下の対策があります。

・照射パワーを上げてもらう
微力な熱の刺激によって起こる硬毛化。脱毛する前より毛が濃くなった?と自覚してしまったら、その旨をスタッフに伝えて照射パワーを上げてもらるとう手段があります。

・脱毛を一時お休みする
硬毛化は一時的で、脱毛をいったん休ませる事で毛が元に戻る場合があります。

・脱毛に通い続ける
硬毛化していったん濃くなった毛も、脱毛に通い続けることで次第に減っていきます。
ワキなどの濃い毛よりも、薄い産毛の方が脱毛回数がかかる事を知っておきましょう。

回数無制限のサロンは安心

硬毛化した毛も根気強く脱毛に通う事で解消されていくわけですが、回数制限がある脱毛プランを選んで硬毛化した場合は、再度追加料金を支払い通う必要がでてくるかもしれません。
今では回数無制限プランを打ち出すサロンもあり、万が一硬毛化してしまう事を考えると回数制限があるプランよりも安心です。
しかし回数無制限プランは支払う金額が高くなるので、お財布とは十分に相談した上で決める必要があるでしょう・・。

硬毛化保証があるクリニックもある

クリニックでは万が一硬毛化してしまった場合に備え、硬毛化した後も脱毛してくれる保証が付いている所もあります。
心配な人は硬毛化してしまった場合の保証はあるのか、始めに確認した方がいいですね。

SHR脱毛なら硬毛化のリスクが少ない!

光脱毛のなかで、硬毛化のリスクが低いのがSHR脱毛です。
なぜならSHR脱毛はメラニン色素に反応させ、熱を発生させる方法をとらないためです。
SHRは毛を作りだす毛包という器官に作用させる脱毛方式なので、濃い毛薄い毛に関わらず脱毛効果を得られます。

脇やVIO、腕やひざ下など濃い毛が生えている部位のみの脱毛であれば硬毛化の心配はありませんが、全身すべてを脱毛したい場合はSHR脱毛を選んだほうが硬毛化のリスクを抑えることができます。